2015年05月01日


職人的 GifCam の使い方 : VBScript で開始と停止のショートカットを作成する



まず、GifCam は、作者さんのサイトからダウンロードして下さい。



そこで、赤く書いてありますが、他のところからだとマルウェア等が含まれている場合が多々あるようです。それと、たとえオリジナルであっても、フリーソフトは今時では 疑わしいファイルや URL を分析する VirusTotal でチェックするといいと思います。

VirusTotal はGoogle グループのサービスなんで安心してバンバン使うといいと思います。

GifCamは、ショートカットキーが無いので

自作しました。GifCam はアクティブな場合は、スペースキーでその時選択されているボタンを実行します。ですから、VBScript で起動して、プロセスID を取得して、ショートカットで VBScript を実行させるようにして、ショートカットをデスクトップに置いて『ショートカットキー』を登録しておくわけです。

そうすると、(ここでは CTRL+F2 ですが ) Rec を起動したり止めたりする事が可能になります。

▼ GifCam ショートカット



GifCam_as.vbs
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

strCurPath = WScript.ScriptFullName
Set obj = Fso.GetFile( strCurPath )
Set obj = obj.ParentFolder
strCurPath = obj.Path

Set ReadFile = Fso.OpenTextFile( strCurPath & "\ProcessID.txt", 1 )
strProcessID = ReadFile.ReadLine
ReadFile.Close

Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
WshShell.AppActivate CLng(strProcessID)

WScript.Sleep 100

WshShell.SendKeys " "

ProcessID は、ProcessID.txt に入っています。ここにセットするのは、GifCam_exec.vbs の役目になります。

GifCam_exec.vbs
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

strCurPath = WScript.ScriptFullName
Set obj = Fso.GetFile( strCurPath )
Set obj = obj.ParentFolder
strCurPath = obj.Path

Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set oExec = WshShell.Exec( strCurPath & "\GifCam.exe" )

WScript.Sleep 100

Set OutFile = Fso.OpenTextFile( strCurPath & "\ProcessID.txt", 2, True )

OutFile.WriteLine oExec.ProcessID
OutFile.Close

GifCam.exe と、二つのスクリプトは全て同じディレクトリに置いて、デスクトップにその 二つのVBScript を起動する為のショートカットを作成(wscript.exe の引数としてフルパスでスクリプトを書きます)して、GifCam_as.vbs のショートカットには『ショートカットキー』を登録しておいたら準備完了です

GifCam_exec.vbs のショートカットで GifCam を起動して作業を始めて下さい。


posted by at 23:28 | Comment(0) | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2014年10月11日


powercfg.exe でシステムの電源設定の管理

現在使用している設定の確認
C:\Users\lightbox>powercfg.exe -l

既存の電源設定 (* アクティブ)
-----------------------------------
電源設定の GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e  (バランス) *
電源設定の GUID: 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c  (高パフォーマンス)
電源設定の GUID: a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a  (省電力)
▼ powercfg.exe -q 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e で全ての一覧を出し、スリープに関する GUID を取得して表示する スリープの電源設定の内容を表示
C:\Users\lightbox>powercfg.exe -q 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20
電源設定の GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e  (バランス)
  サブグループの GUID: 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20  (スリープ)
    電源設定の GUID: 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da  (次の時間が経過後スリープする)
      利用可能な設定の最小値: 0x00000000
      利用可能な設定の最大値: 0xffffffff
      利用可能な設定の増分: 0x00000001
      利用可能な設定の単位: 秒
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000708
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000384

    電源設定の GUID: 94ac6d29-73ce-41a6-809f-6363ba21b47e  (ハイブリッド スリープを許可する)
      利用可能な設定のインデックス: 000
      利用可能な設定のフレンドリ名: オフ
      利用可能な設定のインデックス: 001
      利用可能な設定のフレンドリ名: オン
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000000
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000001

    電源設定の GUID: 9d7815a6-7ee4-497e-8888-515a05f02364  (次の時間が経過後休止状態にする)
      利用可能な設定の最小値: 0x00000000
      利用可能な設定の最大値: 0xffffffff
      利用可能な設定の増分: 0x00000001
      利用可能な設定の単位: 秒
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000000
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000000

    電源設定の GUID: bd3b718a-0680-4d9d-8ab2-e1d2b4ac806d  (スリープ解除タイマーの許可)
      利用可能な設定のインデックス: 000
      利用可能な設定のフレンドリ名: 無効
      利用可能な設定のインデックス: 001
      利用可能な設定のフレンドリ名: 有効
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000001
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000001
元々、他の設定によりスリープを使用しないようになっていますが、設定値の変更は可能です。 ▼ control.exe powercfg.cpl,,3 で表示されます AC 電源設定の『次の時間が経過後スリープする』を 0 に設定する ( これはダイアログから設定するのと同じ結果になります )
C:\Users\lightbox>powercfg.exe -SETACVALUEINDEX 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da 0
電源設定の GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e  (バランス)
  サブグループの GUID: 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20  (スリープ)
    電源設定の GUID: 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da  (次の時間が経過後スリープする)
      利用可能な設定の最小値: 0x00000000
      利用可能な設定の最大値: 0xffffffff
      利用可能な設定の増分: 0x00000001
      利用可能な設定の単位: 秒
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000000
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000384
スリープには二つの状態があります 1) スタンバイ : メモリ上にデータを置いて停止 2) 休止 : HD上にデータを置いて停止( 電源を切る ) ファイル名を指定して実行から、gpedit.msc を実行し、グループポリシーエディタで『スタンバイ状態を許可する』を有効にすると、スリープの設定にスタンバイの設定が表示されます( 設定: なしというのは、powercfg.exe で 0 に設定した結果です ) ハイブリッドスリープを許可しないようにするには、グループポリシーエディタで『ハイブリッドスリープをオフにする』を有効にします。 つまり、『スタンバイ状態を許可する』を有効にして、『ハイブリッドスリープをオフにする』を有効にすると、完全な休止状態のみが可能になりますが、powercfg.exe の表示からも確認できるように、『次の時間が経過後休止状態にする』という機能は実行されないようになっています。
    電源設定の GUID: 9d7815a6-7ee4-497e-8888-515a05f02364  (次の時間が経過後休止状態にする)
      利用可能な設定の最小値: 0x00000000
      利用可能な設定の最大値: 0xffffffff
      利用可能な設定の増分: 0x00000001
      利用可能な設定の単位: 秒
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000000
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000000
休止を設定するには、powercfg.exe -h on で休止可能にして control.exe powercfg.cpl,,3 で表示されるダイアログから時間設定を行います。 powercfg.exe -h off で設定ダイアログには表示されなくなります。 powercfg.exe -h on で休止可能にして、powercfg.exe -h -size 100 とすると、休止用のファイルを最大サイズで作成します( 50 以上が必要 )。また、このコマンドを実行するには、コマンドプロンプトを管理者権限で起動しておく必要があります。
posted by at 22:01 | Comment(0) | 職人的 Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2014年10月10日


「送る」に入れる簡易ダンプ

インストール

ダウンロードした、sendto_dump.zip を解凍して、setup.bat をエクスプローラからダブルクリックしてインストールして下さい







Q		終了します。
space	次ページを表示します。
ret		次の行を表示します。
リンク先の 35 という数字はコマンドプロンプトに一度に表示する行数です( 変更可能ですが、再インストールすると元へ戻るので注意して下さい ) ショートカットを直接実行すると、以下のようなダイアログが出ます ▼ readme.txt
インストール先は、Program Files フォルダがあるドライブにlaylaClass というフォルダを作成して、その中に send_dump というフォルダを作成してインストールします。中には、以下の二つの実行用スクリプトがコピーされます。

dump.vbs
dump_c.vbs

アンインストールは、send_dump フォルダごと全て削除して、エクスプローラのアドレスに sendto と入力して SendoTo  フォルダに移動し、『簡易ダンプ』という名前のショートカットを削除すると元に戻ります。

laylaClass というフォルダも必要なければ削除して下さい


簡易ダンプ ショートカットのプロパティの『リンク先』の中の最後の数字は、コマンドプロンプトで一度に表示する行数です。
posted by at 20:12 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2014年09月28日


現在TTCの分割は、UniteTTC / => 旧タイトル : BREAKTTC.EXE をダウンロードして .TTC を .TTF に分解する自動スクリプト

現在使えるのは、UniteTTC です
UniteTTC は、ごく普通に TTC を分割してくれます。実際に動作確認済みです。

▼ 以下 Readme より
コマンドラインから、以下のようにして下さい。

UniteTTC From.TTC

なお、TTC化されたTTFフォントは、元のファイル名が不明なため、TTCフォントの拡張子以外の部分に連番001、002、003、……を付加し、拡張子をTTFに変えたものが使われます。上記の例ですと、From001.TTF、From002.TTF、From003.TTF……という名前で出力されます。適当な名前にリネームしてお使い下さい。
BREAKTTC.EXE は今でもダウンロード可能です エクセルソフトでも、http://www.xlsoft.com/jp/products/indigorose/autoplay_readme_02.html でダウンロードリンクを用意していますが、よく解らない海外サイトへ移動します。しかし、Internet Archive で、http://www.xlsoft.com/jp/products/indigorose/autoplay_readme_02.html を検索すると、古い日時でダウンロード可能なページがあります。あるいは、http://www.xlsoft.com/jp/products/indigorose/files/ttsdk.zip を同じくアーカイブから検索しても同じものがダウンロードできました。 ▼ 以下、古い情報--------------------------------------------------------------------- 手作業で行う方法は以前以下に書いたのですが、とても処理が限定的なので その為だけに時間を使うのももったい無いので、スクリプトを作成しました msgothic.ttc を分解し、3種類の ttf を作成して利用する方法 BREAKTTC.EXE は、昔 Microsoft で配布されていたプログラムらしいのですが、 現在はエクセルソフトさんからダウンロードできます。エクセルソフトさんは、 PrimoPDF でお世話になっていますし、このリンクも長い間有効なので自動ダウン ロードさせてもらっています。仮に、エクセルソフトさんのほうで配布されなく なった場合、代替えとして UniteTTC というソフトが同様の機能を持つ事を 確認しています。 ( そちらで結合もできますし、フォントの作者さんなので間違い無いと思います ) ※ UniteTTC の場合は、元のファイルがある場所に分解してしまうのが少しやっかいです
<JOB>
<COMMENT>
************************************************************
■ BREAKTTC.EXE をダウンロードして .TTC を TTF に分解する

■ 著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。
************************************************************
</COMMENT>

<COMMENT>
************************************************************
 外部スクリプト定義
************************************************************
</COMMENT>
<SCRIPT
	language="VBScript"
	src="http://homepage2.nifty.com/lightbox/laylaClass.vbs">
</SCRIPT>

<SCRIPT language=VBScript>
' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
Call laylaFunctionTarget( "http://homepage2.nifty.com/lightbox/" )
Call laylaLoadFunction( "baseFunction.vbs" )
Call laylaLoadFunction( "toolFunction.vbs" )


' ***********************************************************
' 対象
' ***********************************************************
strTarget = "ttsdk.zip"
strTTCTarget = "MSGOTHIC.TTC"


' ***********************************************************
' Cscript.exe の実行
' ***********************************************************
Crun2 80

if not OkCancel( "BREAKTTC.EXE をダウンロードして .TTC を TTF に分解する処理を実行してもよろしいですか?" ) then
	Wscript.Quit
end if

' ***********************************************************
' ダウンロードする URL
' ***********************************************************
strDownloadPlace = "http://www.xlsoft.com/jp/products/indigorose/files/" & strTarget
ret = HTTPDownload( strDownloadPlace, TempDir & "\" & strTarget )
if not ret then
	Wscript.Echo ErrorMessage
	Wscript.Quit
end if

Wscript.Echo strDownloadPlace & " をダウンロードしました"

' ***********************************************************
' 解凍ソフトのダウンロード
' ***********************************************************
strDownloadPlace = "http://homepage2.nifty.com/lightbox/Lhasa.exe"
ret = HTTPDownload( strDownloadPlace, TempDir & "\Lhasa.exe" )
if not ret then
	Wscript.Echo ErrorMessage
	Wscript.Quit
end if

Wscript.Echo strDownloadPlace & " をダウンロードしました"

' ***********************************************************
' 解凍
' ***********************************************************
strCommand = Dd( TempDir & "\Lhasa.exe" ) & " -d- -a -q -f -e- " & Dd(TempDir & "\" & strTarget )
RunSync(strCommand)

' ***********************************************************
' フォント分解
' ***********************************************************
strFontsDir = GetSpecialFolder("Fonts")
strExe = Dd(TempDir & "\ttsdk\TTC\BREAKTTC.EXE")
strFont = Dd(strFontsDir & "\" & strTTCTarget)
strCommand = strExe & " " & strFont
Wscript.Echo "フォント分解を開始します"
RunSync2(strCommand)
Wscript.Echo "フォント分解を終了しました"

' ***********************************************************
' 処理終了
' ***********************************************************
MsgOk( "処理が終了しました   " )

</SCRIPT>

</JOB>

zip の解凍は、Lhasa.exe を SQLの窓の関連サイトでホスティングして
ダウンロードして使っています。

スクリプトで使用している関数は、SQLの窓の関連サイトでホスティングしています



タグ:VBScript
posted by at 11:24 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2014年09月27日


Chrome 拡張で選択部分を翻訳 :『instant translate』/『Auto-Translate』は削除されています

更新履歴
2014-09-27 :
instant translate がバージョンアップされて、settings がかなり変わっていました。
時期は不明ですが、Auto-Translate は削除されています。
2013-07-10 : 
Auto-Translate がエラーの為、代替えとして instant translate を紹介
2013-09-03 : 
Auto-Translate が正常に動くようになっていたので更新
instant translate ( 右クリックしてコンテキストメニューからも翻訳可能です ) 最新の仕様では、初期状態では SHIFT キーを押して翻訳ウインドウが開くようになっています。しかし、settings で元に戻せるので戻したほうがいいと思います。理由は、テキスト編集時に選択処理をする時に SHIFT キーを使ったとたん翻訳ウインドウが開いてしまいました。 オプションの最後に、『統計情報を収集する事に同意する』というような事が書かれていますので disable にするといいと思います。 本文を Google 翻訳に転送して翻訳するようにするオブションもあります。 オプションボタン クリックするとウインドウが開き、右上の歯車アイコンで settings に移動し、左上の時計アイコンで翻訳履歴のウインドウに移動します。 履歴は、残さないように settings で設定可能です。(時計アイコンが非表示になります) 関連する記事 Google Chrome 拡張の『instant translate』という翻訳機能の翻訳ウインドウを大きくする ▼ 『Auto-Translate』-------------------------------------------------------- 『Auto-Translate』は削除されています 最近の翻訳は、特に問題無く英文の概要くらいはすぐ解るくらいの精度がありますが、選択部分のみを欲しい時だけキー操作で翻訳するというのは、運用していてとても便利だと思いました。 設定方法 このソフトはもともとが日本語では無いので、『設定』が一番のハードルで、解らないとがっかりする事になります。そのへんの部分は全く下のようにしていただくと満足できると思います。
この設定では、ドラッグして選択した後、CTRL キーを押しながらドラッグを解除すると、ポップアップに翻訳内容が表示されます。これがおすすめです。
翻訳重視の設定 この設定では、選択すれば必ず翻訳されます。ですから、単語に合わせてダブルクリックだと即座に単語の意味を知る事ができます。( 長文は普通に選択 ) 単語重視の設定 この設定をすると、マウスカーソルを持っていった下にある単語の意味が表示されます。 Second の意味 例では、English になっていますが、First が日本語なので、日本語で操作を行うと英語に翻訳されます。 複数設定 設定画面の右上からプラスボタンで設定を追加する事ができ、その場合は、上から From を判断して行くようです。 その他 設定状態によりますが、テキストエリアでも翻訳可能で、キー操作で選択していても、後でクリックしてやれば翻訳ウインドウが開いたりします。 『Auto-Translate』 Google Chrome 翻訳拡張 - NAVER まとめ
posted by at 11:59 | Comment(0) | ブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする