2015年05月01日


職人的 GifCam の使い方 : VBScript で開始と停止のショートカットを作成する



まず、GifCam は、作者さんのサイトからダウンロードして下さい。



そこで、赤く書いてありますが、他のところからだとマルウェア等が含まれている場合が多々あるようです。それと、たとえオリジナルであっても、フリーソフトは今時では 疑わしいファイルや URL を分析する VirusTotal でチェックするといいと思います。

VirusTotal はGoogle グループのサービスなんで安心してバンバン使うといいと思います。

GifCamは、ショートカットキーが無いので

自作しました。GifCam はアクティブな場合は、スペースキーでその時選択されているボタンを実行します。ですから、VBScript で起動して、プロセスID を取得して、ショートカットで VBScript を実行させるようにして、ショートカットをデスクトップに置いて『ショートカットキー』を登録しておくわけです。

そうすると、(ここでは CTRL+F2 ですが ) Rec を起動したり止めたりする事が可能になります。

▼ GifCam ショートカット



GifCam_as.vbs
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

strCurPath = WScript.ScriptFullName
Set obj = Fso.GetFile( strCurPath )
Set obj = obj.ParentFolder
strCurPath = obj.Path

Set ReadFile = Fso.OpenTextFile( strCurPath & "\ProcessID.txt", 1 )
strProcessID = ReadFile.ReadLine
ReadFile.Close

Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
WshShell.AppActivate CLng(strProcessID)

WScript.Sleep 100

WshShell.SendKeys " "

ProcessID は、ProcessID.txt に入っています。ここにセットするのは、GifCam_exec.vbs の役目になります。

GifCam_exec.vbs
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

strCurPath = WScript.ScriptFullName
Set obj = Fso.GetFile( strCurPath )
Set obj = obj.ParentFolder
strCurPath = obj.Path

Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set oExec = WshShell.Exec( strCurPath & "\GifCam.exe" )

WScript.Sleep 100

Set OutFile = Fso.OpenTextFile( strCurPath & "\ProcessID.txt", 2, True )

OutFile.WriteLine oExec.ProcessID
OutFile.Close

GifCam.exe と、二つのスクリプトは全て同じディレクトリに置いて、デスクトップにその 二つのVBScript を起動する為のショートカットを作成(wscript.exe の引数としてフルパスでスクリプトを書きます)して、GifCam_as.vbs のショートカットには『ショートカットキー』を登録しておいたら準備完了です

GifCam_exec.vbs のショートカットで GifCam を起動して作業を始めて下さい。


posted by at 23:28 | Comment(0) | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2013年05月04日


FileZilla 関連記事と再確認

ダウンロード

【2012年05月04日】
FileZilla FTP クライアントのサーバー情報の引っ越し作業

【2011年04月23日】
WEB 上のファイルに使用できる文字と FileZilla

【2010年03月21日】
FileZilla で直接 APPE コマンドを実行して空のファイルを新規で作成する

【2010年01月06日】
VBS : FileZilla用誰にでも使える拡張子ランチャー

【2010年01月06日】
FileZillaクライアント運用中。めちゃめちゃ便利。

【2009年11月20日】
FileZilla:SFTPとFTPSが使えて、別サーバをタブ表示できて、サーバ内をツリー表示できて、下階層全て検索できて、ブックマークに名前が付けれるFTPクライアント

【2009年11月20日】
FileZilla Client ( SFTPの利用 )
過去にいろいろ記事を書いて来ましたが、とても古いものものあります。PC を新しくしたので FileZilla のインストールを再度しながらいろいろ再確認してみたいと思います。 まず、最新バージョン 実際の stable version は FileZilla Client is 3.6.0.2 でしたが、3.7.0 のリリースも近いうちだと思います。3.7.0 の解りやすい内容の変更は以下のようなものでした。 ❶ 設定ダイアログの[更新]ページの使いやすさの向上 ❷ SFTPのパフォーマンスを向上 ❸ ファイルを編集するときは、転送に高い優先順位を使用 引越し作業 自分の書いた記事を元に、引越し作業です。sitemanager.xml(C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\FileZilla) を持ってくるだけで問題なく接続しました。 エディタ(ビュアー)の設定 自分は TeraPad を使って運用しています。他のファイルを( 例えば画像 ) を見るというような事はしないのでとりあえずこれで十分です。 エディタのパスにスペースが含まれていないので、ダブルクォートで囲んで無いですが、FileZilla の但し書きにあるように適宜使用する必要があるはずです。 他の拡張子は以前記事で、スクリプトを使ってやっていました。今回、FileZilla 側で設定を試したのですが、Windows の PhotoViewer を使ったり、場合によって他のソフトを使ったりうまく使うにはやはりスクリプトでするのが良いようです。 ImageViewer のコマンドライン利用に関する記事 .net - How to run Photoviewer.dll in command line - Stack Overflow (この記事の二つ目の回答を使用しています。/ 最後のファイルのパスはダブルクォートを使ってはいけません )
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

Dim aData,strExt,strExe
strExt = ""
aData = Split( Wscript.Arguments(0), "." )
if Ubound( aData ) > 0 then
	strExt = UCase( aData( Ubound( aData ) ) )
end if

' 拡張子別エディタ
if strExt = "JPG" then
	PhotoViewer
	Wscript.Quit
end if
if strExt = "JPEG" then
	PhotoViewer
	Wscript.Quit
end if
if strExt = "PNG" then
	PhotoViewer
	Wscript.Quit
end if
if strExt = "GIF" then
	PhotoViewer
	Wscript.Quit
end if

' このスクリプトを使う人にとってのデフォルトのエディタ
strExe = "C:\laylaClass\tpad109\TeraPad.exe"
RunExt( strExe )

Function RunExt( path )

	WshShell.Run( """" & path & """" & " " _
		& """" & Wscript.Arguments(0) & """" )

End Function

Function PhotoViewer()

	WshShell.Run( "rundll32.exe ""C:\Program Files\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll"",ImageView_Fullscreen " _
		& Wscript.Arguments(0) )

End Function

ファイルの新規作成

右クリックから実行できるようになっていました。以前、APPE コマンドで実行してたりしましたが、とても不安定で使い物にならないので空ファイルをアップロードしていましたが、これなら便利です。






タグ:FileZilla
posted by at 18:15 | Comment(0) | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2013年04月30日


「操作をプロジェクタで見せたい」場合の梨ズーム

※ 残念ながら、Windows8 では動作しませんでした。
StretchBlt を使用しなければ、多少のもたつきを感じはしますが、十分使えます。
( Windows7 では、StretchBlt を使用する必要があります )




ルーペでは無く、デスクトップ全体が拡大状態へと、アニメーションで近寄ったり引いたりするタイプの拡大ツールで、同様の機能に QZoom というフリーソフトがあったのですが、Windows7 で動かなかったので探しました。

但し、Windows7 で利用する場合は、「詳細設定タブ」で「StretchBlt を使用する」というチェックボックスにチェックして下さい。これは、WindowsXP では使用できませんが、Windows7 では必須です。



以下はてっとり早く使う為に、テンキーの数字の 1、2、3、4 に CTRL+ で倍率を設定しています



終了



関連する記事

Windows7 では「StretchBltを使用する」にすれば軽快に使える、プレゼンテーション用のズームソフト「梨ズーム」


更新履歴
2013-02-26 : 記事作成
2013-04-30 : Windows8 での動作確認方法




posted by at 08:42 | Comment(0) | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2013年02月26日


Windows8 でスタートメニュー。Windows7 で作業効率をアップする「Classic Shell」

このソフトの使い始めは、Vista 以降のスタートメニューが使いづらかったからですが、結局 Windows8 のスタートメニューの復活に大きく貢献してくれました。更新頻度は高いですし、日本語版もとこかの企業ががんばっているので、以下のリンク先を参照して下さい。

関連する記事

もうすぐ Windows8 発売ですね。Windows で作業するなら必ず必要になる『Classic Shell』というフリーソフトをチェックして下さい

Welcome to Classic Shell


Windows7 のスタートメニューを XP のように変更し、エクスプローラの失われた機能を復活します。インストールしただけですぐ使えるようになりますが、プロなら知っておく事が結構たくさんあります。

レジストリの自動起動

HKEY_LOCAL_MACHINE に登録されるので、複数ユーザで運用しているPC の場合具合が悪いので、必要な時のみ実装するようにします。その為には、レジストリからは削除して下さい。

このスクリプトで、レジストリを開けます

自動実行




そして、プログラムメニューにインストールされているショートカットをデスクトップに持ってきて、プロパティからオプションを削除しておきます。このショートカットで必要な時に実装し、ユーザ単位で常に使うのであればユーザのスタートアップに入れます。

ユーザースタートアップを開くスクリプト





オプション設定の起動

オプションを設定するのに、先のショートカットを使うのですが、スタートメニューを右クリックすると、「設定」メニューが表示されます。



また、このメニューに限らず、オプションダイアログ以外の表示部分は日本語化されているので、インストールディレクトリの、StartMenuL10N.ini をメモ帳で開いて、ja-JP の部分を自由に変更できます。この中はいろいろな言語の Unicode で書かれているので必ずメモ帳で開いて更新して下さい。




エクスプローラの拡張を解除

これはあまり必要無いかもしれませんが、どうししても解除したい場合はこの拡張部分のみアンインストールする事ができます。但しこれは「たぶんこれでいいだろう」という経験のもとに行っているので不具合が無い事を保証できないので注意して下さい。

インストールディレクトリで、コマンドプロンプトを開いて以下を実行

regsvr32 -u ClassicExplorer32.dll
アンインストール用スクリプト

インストールし直す場合は、

regsvr32 ClassicExplorer32.dll
インストール用スクリプト

※ インストールディレクトリは、通常 C:\Program Files\Classic Shell


ログオフメニューの表示

デフォルトでは表示されないので、チェックして表示するようにします。確認ダイアログを表示せずにログオフ可能にする事もできますが、しないほうがいいでしょう。両方を確実にチェックして下さい。






エクスプローラにコマンドアイコンを追加



※ ALT キーでメニューバーを表示させて、メニューバーを右クリックして設定します

チェックすると、ツールバーにコマンドアイコンが追加されます。この一番右端がオプションダイアログの表示用アイコンなので、チェックしておきます。( メニューバーは常に表示された状態になります )


エクスプローラのスタイルを XP のようにする



ツリーの状態が XP のようになり、使いやすくなります。




アドレスバーのパンくずリストを使用不能にします





一つ上へ移動するボタンが復活するので、直観的な操作のしずらいbreadcrumbs を disable にする事もできます。


その他

XP のころは、左側のツリーのディレクトリでも ALT+Enter でプロパティが表示可能でした。その機能が復活しています。

Status bar を表示させると、フリースペースの表示が復活しています。

Windows7 では、左端の「整理」から「レイアウト」でメニュバーを常に表示可能にできます。




メニューバーの「表示」でステータスバーを表示可能に設定できます。



※ 一時的にメニューバーを表示させたい場合は、ALT キーで表示されます
posted by at 00:30 | Comment(0) | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2011年02月21日


7-Zip。インストール後の右クリックメニューの日本語化と「ファイル分割&ファイル結合」

▼ ダウンロードサイト




インストール後、何もしなければ右クリックメニュー(コンテキストメニュー)は英文のままだと思いますが、7-Zip のファイルマネージャを起動すると、自動的にプラットホームの日本語が選択されます。オプションから言語を確認する事ができるので、確認してみるといいです。




この情報がどこに保存されるかは解らないのですが、この後、いったんログオフすると右クリックメニューが日本語になっています。




ファイル分割

大きなファイルは、「圧縮」を選んで「書庫を分割」でサイズを指定すると拡張子に連番が振られて分割する事ができます。
コマンドラインの場合は
7z a 書庫名.zip 分割するファイル -v{Size}[b | k | m | g]

分割例) 7z a a.zip php_090529.chm -v1m
結合例) 7z e -o* a.zip.001
分割されたファイルは圧縮されているので、圧縮時にパスワードを指定する事もできます。通常はどんな環境でも良いように「zip」で圧縮すると良いでしょう。解凍(結合)は、.001 を右クリックしてフォルダ指定の解凍を行うと、そのフォルダの中にファイルが結合されて保存されます。 ※ 単純なファイルでも、拡張子が連番であれば結合が可能です。 7-Zip Logo
posted by at 01:24 | Comment(0) | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2010年07月23日


PasswordEye 1.12 : *で隠されているパスワードを取得するソフトですが、使い道はそれだけではありません


ブラウザでダウンロード
Readme.txt は後述のような内容なので、SQLの窓でホスティングして
ダウンロードして実行できるスクリプトを作成しました。
ちなみに、私自身は自分のスクリプトなので信頼しているので、上のリンク
をクリック後、そのまま開いて実行しています。
※ ダウンロードしたファイルは、テンポラリフォルダに解凍するので、
※ 存在する場合はそちらを使います。

スクリプトとダウンロード先を自分のサイトに置いて運用するといいと思います。
※ ソースコードの表示はこちら PasswordEye の Readme.txtより
  ・本ソフトはフリーソフトウェアです。
  ・本ソフトの著作権は作者が保有します。
  ・本ソフトの配布・転載は自由に行ってください。連絡も必要ありません。
    但しアーカイブの改変は行わないで下さい。
  ・本ソフトを使用した事により生じた損害について、作者は一切の責任を負い
    ません。
他の使い道 API 的には、ウインドウに対するテキストを取得しているので、他の場所で通常 ではクリップボードにコピーできないテキストをいったん PasswordEye に転送し てクリップボードにコピーできます。例えば以下のような場所でも可能ですし、 エディタやウインドウの「タイトル」の文字列を取り出すのは解りやすいと思い ます。 ※ IEのみページ上のパスワードフィールドのテキストを取得できます。 Peye Peye2 Password_eye きちんとインストールしたい場合はベクターからダウンロードします。 作者さんのサイトへ行くと、インストーラ形式があります 仕事上、沢山のパスワードを使う事になるのですが、秘密の記録データ を取り出して見る事ができないとき、アプリケーションやブラウザが覚 えているもので確認します。 ( java はダメっぽいです。ブラウザ上の swf もダメです ) 関連する記事


タグ:パスワード
posted by at 23:41 | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2010年07月22日


コマンドプロンプトのファイル分割と連結と7-Zip

split.exe を使ってみるとオーソドックスできちんと動きます。出来上がるファイルは、元のファイルに .001 .002 という連番が付くので、7-Zip の解凍でそのまま使えました。元が書庫ならもちろん解凍後のデータが展開されます。

相当古いソフトでタイムスタンプが2001年11月でしたし、オープンソースでは無いし、転載も条件付きですし、ブログも 2009年3月で更新が止まっています。

そこで、直接配布先よりダウンロードして使えるスクリプトを作成しました。


ファイルの分割と結合
結合は、7-Zip でやるか、オーソドックスに COPY /B A + B C でいいと思います。
posted by at 08:45 | Comment(0) | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2010年04月14日


Lhasa をオンライン解凍ツールとして使う

その名の通り解凍ソフトですが、軽量なので WEB に保存しておいて
スクリプトでダウンロードして、コマンドラインを使ってファイル
を解凍するという使い方ができます。

▼ 以下のページの一番下にあります。
Susieのだうんろーど

▼ ソフトウェアとしての紹介は窓の杜を参照しましょう
窓の杜 - Lhasa

【+lhaca 用】 WEB WSH インストーラ
特記

自己解凍書庫ですが、拡張子を .lzh にして解凍して Lhasa.exe を手に入れる事もできます
開発は、2004/08/03に終了しているもよう。

再配布

通信と個人的な手渡しによる転載、流通に関しては内容の改変等が無い限り制限はありません。

著作権

このプログラムのLHAの解凍ルーティンは吉崎栄泰さんのソースを元にしんきさんが作られた
「.LZH / .LZS  アクセスライブラリ  Ver.0.98c」が元。
ZIPの解凍ルーティンの一部(inflate,explode)は
Info-ZIP group の公開しているコードを含んでいます。
Info-ZIP group のオリジナルのソースコードは無料で配布されています。
http://www.info-zip.org/pub/infozip/
英語版ドキュメントは小沢仁さんが作成。
作者 : 竹村嘉人 (たけちん)

Vector

Lhasa32の詳細情報

オンライン解凍ツールとしての使い方

以下は、Terapad のインストールに使っている例です
<SCRIPT language=VBScript>
' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
sId = "tpad093"		' 対象アーカイブ
sPg = "TeraPad.exe"	' 対象アプリケーション

' ***********************************************************
' ダウンロードする URL
' ***********************************************************
strDownloadPlace = "http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/dl/tpad/tpad093.zip"

' ***********************************************************
' ダウンロード : 対象アーカイブ
' ***********************************************************
strLocalFile = TempDir & "\" & sId & ".zip"
ret = HTTPDownload( strDownloadPlace, strLocalFile )
if not ret then
	Wscript.Echo ErrorMessage
	Wscript.Quit
end if

' ***********************************************************
' ダウンロード成功 : 対象アーカイブ
' ***********************************************************
Wscript.Echo strDownloadPlace & " をダウンロードしました" & vbCrLf & strLocalFile

' ***********************************************************
' 解凍ソフトの一時ダウンロード
' ***********************************************************
strDownloadPlace = "http://winofsql.jp/download/Lhasa.exe"

' ***********************************************************
' ダウンロード : 解凍ソフト
' ***********************************************************
ret = HTTPDownload( strDownloadPlace, TempDir & "\Lhasa.exe" )
if not ret then
	Wscript.Echo ErrorMessage
	Wscript.Quit
end if

' ***********************************************************
' ダウンロード成功 : 解凍ソフト
' ***********************************************************
Wscript.Echo strDownloadPlace & " をダウンロードしました"

' ***********************************************************
' 対象アーカイブをテンポラリディレクトリに解凍
' ***********************************************************
strCommand = Dd( TempDir & "\Lhasa.exe" ) & " -d- -a -q -f -e- " & Dd(TempDir & "\" & sId & ".zip")
RunSync(strCommand)

' ***********************************************************
' ファイルシステムオブジェクトの取得
' ***********************************************************
GetFso

' ***********************************************************
' インストール先の設定
' ***********************************************************
strInstallBasePath = Left( ProgDir(), 2 )
strInstallPath1 = strInstallBasePath & "\laylaClass"
if not Fso.FolderExists( strInstallPath1 ) then
	on error resume next
	Call Fso.CreateFolder( strInstallPath1 )
	on error goto 0
end if
' ***********************************************************
' 解凍ディレクトリの移動
' ***********************************************************
Call Fso.CopyFolder( TempDir & "\" & sId, strInstallPath1 & "\" & sId, True )
Call Fso.DeleteFolder( TempDir & "\" & sId )

' ***********************************************************
' ダウンロードファイルの削除
' ***********************************************************
Call Fso.DeleteFile( TempDir & "\" & sId & ".zip", True )
Call Fso.DeleteFile( TempDir & "\Lhasa.exe", True )

' ***********************************************************
' TeraPad.ini 出力
' ***********************************************************
on error resume next
Fso.CreateFolder(strInstallPath1 & "\" & sId & "\usr")
Fso.CreateFolder(strInstallPath1 & "\" & sId & "\usr\" & GetUser )
on error goto 0
TargetPath = strInstallPath1 & "\" & sId & "\usr\" & GetUser & "\TeraPad.ini"
strText = GetInline( "TeraPad_ini" )
Call PutTextFile( TargetPath, strText )

' ***********************************************************
' ショートカット作成
' ***********************************************************
if OkCancel("デスクトップとSendToにショートカットを作成しますか?   ") then

	Set obj = WshShell.CreateShortcut( DesktopDir & "\" & sId & ".lnk")
	obj.TargetPath = Dd( strInstallPath1 & "\" & sId & "\" & sPg )
	obj.WindowStyle = 1
	obj.IconLocation = strInstallPath1 & "\" & sId & "\" & sPg
	obj.Description = "フリーのシンプルなテキストエディタ"
	obj.WorkingDirectory = strInstallPath1 & "\" & sId
	obj.Save
	Call Fso.CopyFile( DesktopDir & "\" & sId & ".lnk", SendtoDir & "\!TeraPad.lnk", True )
	Wscript.Echo "デスクトップとSendToにショートカットを作成しました"

end if

MsgOk( "処理が終了しました   " )

</SCRIPT>

HTTPDownload の内容です
VBScript : 1メガバイト以下のWEB上のバイナリのダウンロード


posted by at 14:33 | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2010年03月10日


IEのオートコンプリート機能で保存されたパスワードの表示・削除を行う

Iepassview

ダウンロードした zip ファイルを解凍して実行するだけです。
見たそのままの使い方ができます。ドキュメントは付いていますが、
WEB ページそのままなので必要ないと思います。

IE でパスワードが登録されないので「おかしいなぁ・・・」とこれ
で見てみると、パスワードがスペースで登録されていました。それを
削除すると正常に動くようになります。



関連する記事


タグ:パスワード
posted by at 09:22 | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します