2014年06月20日


dump.bat ( VBScript による昔懐かしい dump プログラム )



解凍して dump.batdump4cscript.vbs と言う二つのファイルをパスの通ったフォルダへ保存するだけで利用できます。『dump ファイルのパス』 で昔ながらのダンプ表示を標準出力に出力します。ファイル化したい場合はリダイレクトするだけです。

C:\Users\lightbox>dump "C:\user\lightbox\vbs\dump\dump\dump4cscript.zip"
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.

          0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  A  B  C  D  E  F
--------------------------------------------------------------------------
00000000 50 4B 03 04 0A 00 00 00 00 00 83 02 D4 44 AE 6D  PK........・ヤDョm
00000010 95 EE 54 00 00 00 54 00 00 00 08 00 00 00 64 75  俸T...T.......du
00000020 6D 70 2E 62 61 74 40 65 63 68 6F 20 6F 66 66 0D  mp.bat@echo off.
00000030 0A 66 6F 72 20 2F 66 20 25 25 69 20 69 6E 20 28  .for /f %%i in (
00000040 22 64 75 6D 70 34 63 73 63 72 69 70 74 2E 76 62  "dump4cscript.vb
00000050 73 22 29 20 64 6F 20 28 20 63 73 63 72 69 70 74  s") do ( cscript
00000060 2E 65 78 65 20 22 25 25 7E 24 50 41 54 48 3A 69  .exe "%%~$PATH:i
00000070 22 20 22 25 31 22 20 29 0D 0A 50 4B 03 04 14 00  " "%1" )..PK....
00000080 00 00 08 00 72 00 D4 44 90 7F 61 6C B2 04 00 00  ....r.ヤD・alイ...
00000090 8A 0C 00 00 10 00 00 00 64 75 6D 70 34 63 73 63  ・......dump4csc
000000A0 72 69 70 74 2E 76 62 73 AD 96 47 CF D3 40 10 86  ript.vbsュ萌マモ@..
000000B0 CF 89 94 FF 30 F2 01 1C 08 9F 12 3A 12 20 52 05  マ鉛.0....・:. R.
000000C0 22 74 10 48 48 A0 90 6C 12 03 B1 23 C7 A1 1C B1  "t.HH.人..ア#ヌ。.ア
000000D0 4F 54 51 C5 0D 89 DE 7B EF BD F7 DE CB 89 72 83  OTQナ.迦{.ス.゙ヒ詠
000000E0 23 37 DE DD 75 09 84 00 02 2C 3D C9 EE EC EC EC  ・7゙ンu....,=ノ....
000000F0 EC EC EC D8 19 AD 46 B9 46 6C 82 65 B2 42 2D 12  ...リ.ュFケFlFイB-.
          0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  A  B  C  D  E  F
--------------------------------------------------------------------------
00000100 9E C0 2C 74 69 08 A5 D1 B7 D8 98 19 33 59 D1 52  楝,ti.・ムキリ・3YムR
00000110 49 99 50 34 B5 BA A5 E9 95 AE 9C 36 9B 4D 98 DF  I儕4オコ・髟ョ・娥倚
00000120 B0 58 4D 0E 2A 14 8D 84 23 E1 EE D4 E3 2F 1E 3E  ーXM.*.剛#碚ヤ・.>
00000130 CF B1 9C 61 4E DA 59 6C 7F B6 C7 DA 93 96 6B CB  マア彗NレYl.カヌレ当kヒ
dump.bat
@echo off
for /f %%i in ("dump4cscript.vbs") do ( cscript.exe "%%~$PATH:i" "%1" )



posted by at 00:34 | Comment(0) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2013年04月07日


コンピュータアイコンに設定するメニュー ( Windows8 デスクトップでも可 )

個人設定のデスクトップアイコンの設定で、『コンピュータ』を表示して下さい。







1) mmc.exe "%SystemRoot%\system32\services.msc" /s


2) "%ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\MSInfo\msinfo32.exe"


3) RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL appwiz.cpl


4) RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL odbccp32.cpl


5) regedit.exe


6) %SystemRoot%\system32\cmd.exe


7) UserAccountControlSettings.exe


8) mmc.exe "%windir%\system32\eventvwr.msc" /s


9) rundll32.exe netplwiz.dll,UsersRunDll


10) rundll32.exe sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables


11) notepad.exe "%SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts"


************************************************************
コンピュータアイコンメニュー設定レジストリデータ

■ インストール

	computer_menu をエクスプローラからタブルクリック
	してインポートして下さい

■ アンインストール

	uninstall_computer_menu をエクスプローラからタブル
	クリックして下さい


■ 登録された場所でレジストリエディタを開く
	インストール場所を開く.bat をエクスプローラからタブ
	ルクリックして下さい

■著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。
************************************************************
posted by at 20:48 | Comment(0) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2009年07月09日


HTA : ADO で CSV 出力

サンプルはOracle ですが、接続文字列の書式を変更すると
接続可能な全てのデータベースの処理を行う事ができます

最新ソースコードです(接続してテーブル一覧を取得します)

↓古い一つ前のソースコードです
<SCRIPT language="VBScript">

' **********************************************************
' オブジェクト作成
' **********************************************************
Set Cn = CreateObject( "ADODB.Connection" )
Set Rs = CreateObject( "ADODB.Recordset" )
Set Fs = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

Function OraAction()

	strDriver = "{Microsoft ODBC for Oracle}"
	strServer = document.getElementById("p03").value
	strUser = document.getElementById("p01").value
	strPass =  document.getElementById("p02").value
	strTable =  document.getElementById("p04").value

	ConnectionString = _
		"Provider=MSDASQL" & _
		";Driver=" & strDriver & _
		";Server=" & strServer & _
		";UID=" & strUser & _ 
		";PWD=" & strPass & _ 
		";" 

	if vbCancel = MsgBox(ConnectionString, vbOkCancel or vbDefaultButton2, "CSV出力") then
		Exit Function
	end if

	' **********************************************************
	' 接続
	' **********************************************************
	on error resume next
	Cn.Open ConnectionString
	if Err.Number <> 0 then
		alert( Err.Description )
		Exit Function
	end if
	on error goto 0

	' **********************************************************
	' レコードセット取得
	' **********************************************************
	Query = "select * from " & strTable
	on error resume next
	Rs.Open Query, Cn
	if Err.Number <> 0 then
		Cn.Close
		alert( Err.Description )
		Exit Function
	end if
	on error goto 0

	' **********************************************************
	' 出力ファイルオープン
	' **********************************************************
	Set Csv = Fs.CreateTextFile( strTable & ".csv", True )

	' **********************************************************
	' タイトル出力
	' **********************************************************
	Buffer = ""
	For i = 0 to Rs.Fields.Count - 1
		if Buffer <> "" then
			Buffer = Buffer & ","
		end if
		Buffer = Buffer & Rs.Fields(i).Name
	Next
	Csv.WriteLine Buffer

	' **********************************************************
	' データ出力
	' **********************************************************
	Do While not Rs.EOF
		Buffer = ""
		For i = 0 to Rs.Fields.Count - 1
			if Buffer <> "" then
				Buffer = Buffer & ","
			end if
			Buffer = Buffer & Rs.Fields(i).Value
		Next
		Csv.WriteLine Buffer
		Rs.MoveNext
	Loop

	' **********************************************************
	' ファイルクローズ
	' **********************************************************
	Csv.Close

	' **********************************************************
	' レコードセットクローズ
	' **********************************************************
	Rs.Close

	' **********************************************************
	' 接続解除
	' **********************************************************
	Cn.Close

	MsgBox("処理が終了しました")

End Function

</SCRIPT>

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis" />
<title>CSV出力</title>
<STYLE>
 * {
	font-size:14px;
}
PRE {
	font-weight: bold;
}
</STYLE>
</head>
<body>

<table>
<tr>
	<td>ユーザ</td>
	<td><INPUT type="text" id="p01" value="lightbox"></td>
</tr>
<tr>
	<td>パスワード</td>
	<td><INPUT type="text" id="p02" value="lightbox"></td>
</tr>
<tr>
	<td>サーバー</td>
	<td><INPUT type="text" id="p03" value="pcname/orcl"></td>
</tr>
<tr>
	<td>テーブル</td>
	<td><INPUT type="text" id="p04" value=""></td>
</tr>
</table>

<INPUT type="button" value="実行" onClick='Call OraAction()'>

</body>
</html>

<SCRIPT for=window event=onload language="VBScript">

	nWidth = 800
	nHeight = 600
	top.resizeTo nWidth, nHeight
	top.moveTo (screen.width-nWidth)/2, (screen.height-nHeight)/2

</SCRIPT>

■ 関連する記事
Oracle 10g : System.Data.Odbc( Framework ) : Microsoft Driver
VBScript + MySQL : CSV 出力プログラム


タグ:Oracle ADO CSV
posted by at 17:00 | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2009年07月07日


指定サービスを一括で停止するスクリプト

ブラウザでダウンロード

*************************************************************
* 【list.vbs】
* 現在実行中のサービスの一覧より、停止対象を決定する為の
* テキストファイル( target.txt ) を作成する
*
* 【stop.vbs】
* target.txt で指定したサービスを停止する
*************************************************************

1) list.vbs をエクスプローラからクリックして下さい

2) target.txt の中から停止したいサービス名の先頭のセミコロン
   を削除して下さい

3) stop.vbs をエクスプローラからクリックして下さい



※ 再度 list.vbs を実行すると、target.txt に無いサービスを
   発見した場合は、リストの最後に追加します

※ サービスの依存関係は、上に依存元のサービスを持ってきて下さい。

※ 最初の作成では、全ての実行中のサービスリストが作成されますが、
   先頭にセミコロンが入ったままでは、stop.vbs を実行しても何も
   停止されません。


■著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。

lightbox
■ 関連する記事
PHP から サービス停止
【VBS & PHP】スクリプトからスタンバイ状態にする


タグ:WMI
posted by at 23:13 | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2009年06月18日


お気に入りディレクトリにあるファイルの表示・非表示を設定する

ブラウザでダウンロード

Favmtn

「お気に入り」ディレクトリ内のファイルやディレクトリ
は、非表示にすると即 IE で反映されます。
レジストリを使って、場所を変更する事も可能ですが、
普段あまり使わないリンクを非表示にしておくのが簡単です。

ルートにディレクトリがある場合は、その中へ移動して設定し、
戻ると時は常にルート(HOME)へ戻ります。

表示状態のファイルの名前をクリックするとプロパティが表示され、
ブックマークレット以外のリンクは、リンクとしてクリックすると、
新しく開きます。

■ 関連する記事
SendToディレクトリにあるファイルの表示・非表示を設定する


タグ:IE VBScript HTA
posted by at 16:57 | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2009年06月14日


SendToディレクトリにあるファイルの表示・非表示を設定する

Sendto
「送る」にあるファイルを hidden にすると、「送る」に表示されなくなるので、
普段あまり使わない機能の表示を抑制できます
( このアプリでは現在のユーザだけが対象です )

また、表示状態のファイルに対しては、1クリックで、プロパティを表示します
ブラウザでダウンロード

タグ:HTA VBScript
posted by at 18:51 | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します