2014年10月11日


powercfg.exe でシステムの電源設定の管理

現在使用している設定の確認
C:\Users\lightbox>powercfg.exe -l

既存の電源設定 (* アクティブ)
-----------------------------------
電源設定の GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e  (バランス) *
電源設定の GUID: 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c  (高パフォーマンス)
電源設定の GUID: a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a  (省電力)
▼ powercfg.exe -q 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e で全ての一覧を出し、スリープに関する GUID を取得して表示する スリープの電源設定の内容を表示
C:\Users\lightbox>powercfg.exe -q 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20
電源設定の GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e  (バランス)
  サブグループの GUID: 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20  (スリープ)
    電源設定の GUID: 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da  (次の時間が経過後スリープする)
      利用可能な設定の最小値: 0x00000000
      利用可能な設定の最大値: 0xffffffff
      利用可能な設定の増分: 0x00000001
      利用可能な設定の単位: 秒
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000708
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000384

    電源設定の GUID: 94ac6d29-73ce-41a6-809f-6363ba21b47e  (ハイブリッド スリープを許可する)
      利用可能な設定のインデックス: 000
      利用可能な設定のフレンドリ名: オフ
      利用可能な設定のインデックス: 001
      利用可能な設定のフレンドリ名: オン
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000000
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000001

    電源設定の GUID: 9d7815a6-7ee4-497e-8888-515a05f02364  (次の時間が経過後休止状態にする)
      利用可能な設定の最小値: 0x00000000
      利用可能な設定の最大値: 0xffffffff
      利用可能な設定の増分: 0x00000001
      利用可能な設定の単位: 秒
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000000
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000000

    電源設定の GUID: bd3b718a-0680-4d9d-8ab2-e1d2b4ac806d  (スリープ解除タイマーの許可)
      利用可能な設定のインデックス: 000
      利用可能な設定のフレンドリ名: 無効
      利用可能な設定のインデックス: 001
      利用可能な設定のフレンドリ名: 有効
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000001
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000001
元々、他の設定によりスリープを使用しないようになっていますが、設定値の変更は可能です。 ▼ control.exe powercfg.cpl,,3 で表示されます AC 電源設定の『次の時間が経過後スリープする』を 0 に設定する ( これはダイアログから設定するのと同じ結果になります )
C:\Users\lightbox>powercfg.exe -SETACVALUEINDEX 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da 0
電源設定の GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e  (バランス)
  サブグループの GUID: 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20  (スリープ)
    電源設定の GUID: 29f6c1db-86da-48c5-9fdb-f2b67b1f44da  (次の時間が経過後スリープする)
      利用可能な設定の最小値: 0x00000000
      利用可能な設定の最大値: 0xffffffff
      利用可能な設定の増分: 0x00000001
      利用可能な設定の単位: 秒
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000000
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000384
スリープには二つの状態があります 1) スタンバイ : メモリ上にデータを置いて停止 2) 休止 : HD上にデータを置いて停止( 電源を切る ) ファイル名を指定して実行から、gpedit.msc を実行し、グループポリシーエディタで『スタンバイ状態を許可する』を有効にすると、スリープの設定にスタンバイの設定が表示されます( 設定: なしというのは、powercfg.exe で 0 に設定した結果です ) ハイブリッドスリープを許可しないようにするには、グループポリシーエディタで『ハイブリッドスリープをオフにする』を有効にします。 つまり、『スタンバイ状態を許可する』を有効にして、『ハイブリッドスリープをオフにする』を有効にすると、完全な休止状態のみが可能になりますが、powercfg.exe の表示からも確認できるように、『次の時間が経過後休止状態にする』という機能は実行されないようになっています。
    電源設定の GUID: 9d7815a6-7ee4-497e-8888-515a05f02364  (次の時間が経過後休止状態にする)
      利用可能な設定の最小値: 0x00000000
      利用可能な設定の最大値: 0xffffffff
      利用可能な設定の増分: 0x00000001
      利用可能な設定の単位: 秒
    現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000000
    現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000000
休止を設定するには、powercfg.exe -h on で休止可能にして control.exe powercfg.cpl,,3 で表示されるダイアログから時間設定を行います。 powercfg.exe -h off で設定ダイアログには表示されなくなります。 powercfg.exe -h on で休止可能にして、powercfg.exe -h -size 100 とすると、休止用のファイルを最大サイズで作成します( 50 以上が必要 )。また、このコマンドを実行するには、コマンドプロンプトを管理者権限で起動しておく必要があります。
posted by at 22:01 | Comment(0) | 職人的 Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2014年03月01日


ユーザーアカウントの設定 : rundll32.exe netplwiz.dll,UsersRunDll / 管理者権限と管理者ツール

コマンドライン : 

Windows 7





この詳細設定タブの詳細設定ボタンを使うには、一般的にはこのダイアログを『管理者権限』で実行している必要がある為、簡単な方法としては、スタートメニューのプログラムとファイルの検索のフィールドに taskmgr と入力して CTRL と SHIFT を押しながら ENTER を押して、taskmgr.exe を管理者権限でまず実行させます。

その後、ファイルメニューから『新しいタスクの実行』を選択し、『新しいタスクの作成』ダイアログから『このタスクに管理者特権を付与して作成します』をチェックして rundll32.exe netplwiz.dll,UsersRunDll を入力して実行します。



taskmgr のかわりに cmd と入力して管理者権限でコマンドプロンプトを開いてもいいですが、『新しいタスクの作成』ダイアログでは、『ファイル名を指定して実行』ダイアログと同じ履歴が表示されるので便利です

▼ 詳細設定ボタンで起動される Windows 用管理アプリケーション


同様のツールを以下から実行できます



『コンピュータの管理( CompMgmtLauncher.exe )』は、管理者が行う処理の総合ツールです。このツールの『ローカル ユーザとグループ』がそれに当たります。



このツールは、デスクトップに『コンピュータアイコン』を表示するようにしている場合、右クリックで表示されるメニューの中の『管理』から呼び出されるものと同じです

▼ デスクトップアイコンの設定ダイアログの表示

コマンドライン : 


VBScript で直接ダイアログを表示

▼ 管理者権限で即起動されます
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
obj.ShellExecute "rundll32.exe", "netplwiz.dll,UsersRunDll", "", "runas", 1

Windows 8.1について



Windows 8.1 は、起動後、左下隅にカーソルを持って行くと表示される Windows ロゴを右クリックするとメニューが表示され、そこに『タスクマネージャ』があるので実行すると、最初は小さなウインドウが表示されます。



この場合、何か一つでもアプリケーションが実行されていると(ここでは Google Chrome)、そこを右クリックするとメニューが表示されて、『新しいタスクの実行』ダイアログを表示する事ができます。Windows 8 では、最初から『このタスクに管理者特権を付与して作成します』チェックボックスが存在するのでこれを使います。



何も実行中のアプリケーションが無い場合は、左下の『詳細』ボタンでメニューのある画面に切り替わります




Windows XP









posted by at 13:30 | Comment(0) | 職人的 Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2013年05月05日


Windows フォトビュアーのコマンドラインからの使用方法

rundll32.exe "C:\Program Files\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll",ImageView_Fullscreen ファイルのパス

ファイルのパス の部分は、"ファイルのパス" としないようにする必要があります。"" で囲ってしまうと、正しく実行されません。
rundll32.exe "C:\Program Files\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll",ImageView_Fullscreen

関連する WEB サイトの記事

.net - How to run Photoviewer.dll in command line - Stack Overflow

どうしても、ダブルクォートが付加されるような場合は、以下のスクリプト(pv.vbs)を使って wscript.exe pv.vbs "ファイルのパス" として実行するといです。
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

strTarget = Replace(Wscript.Arguments(0),"""","")

WshShell.Run( "rundll32.exe ""C:\Program Files\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll"",ImageView_Fullscreen " & strTarget )




posted by at 01:00 | Comment(0) | 職人的 Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2012年04月17日


ユーザーアカウント制御の設定

ユーザー アカウント制御の設定
UserAccountControlSettings.exe



ヘルプとサポートに説明がありますが、このページの最後に実行可能なリンクが用意されています。右クリックでソースを表示する事によって、UserAccountControlSettings.exe の存在が確認できます




<a class="shellExecuteLink" href="shortcut:%25systemroot%25\system32\UserAccountControlSettings.exe" title="クリックして、コントロール パネルの [ユーザー アカウント] を開きます"><img src="mshelp://help/?id=Microsoft.Windows.Resources.ShellExecuteTopicIcon" helpImage="ShellExecute">クリックして、[ユーザー アカウント制御の設定] を開きます。</a>


posted by at 01:26 | Comment(0) | 職人的 Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



control.exe の引数と実行結果

個人設定
control.exe /name Microsoft.Personalization



管理ツール
control.exe /name Microsoft.AdministrativeTools



デバイスとプリンター
control.exe /name Microsoft.DevicesAndPrinters



ユーザーアカウント
control.exe /name Microsoft.UserAccounts



デスクトップの背景
control.exe /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper



/page オプションは、こちらか、『ヘルプとサポート』のソースコードから直接探しますWindows フォルダの HELP 内のファイルをテキストエディタで強引に開いて検索するか、検索ソフトを使うといいと思います。

例えばこんなのがありました
control.exe /name Microsoft.NetworkAndSharingCenter /page Advanced


Control Panel ItemCanonical nameGUID
Action CenterMicrosoft.ActionCenter (Windows 7 and later only){BB64F8A7-BEE7-4E1A-AB8D-7D8273F7FDB6}
Administrative ToolsMicrosoft.AdministrativeTools{D20EA4E1-3957-11d2-A40B-0C5020524153}
AutoPlayMicrosoft.AutoPlay{9C60DE1E-E5FC-40f4-A487-460851A8D915}
Backup and RestoreMicrosoft.BackupAndRestore (Windows 7 and later only){B98A2BEA-7D42-4558-8BD1-832F41BAC6FD}
Biometric DevicesMicrosoft.BiometricDevices (Windows 7 and later only){0142e4d0-fb7a-11dc-ba4a-000ffe7ab428}
BitLocker Drive EncryptionMicrosoft.BitLockerDriveEncryption{D9EF8727-CAC2-4e60-809E-86F80A666C91}
Color ManagementMicrosoft.ColorManagement{B2C761C6-29BC-4f19-9251-E6195265BAF1}
Credential ManagerMicrosoft.CredentialManager (Windows 7 and later only){1206F5F1-0569-412C-8FEC-3204630DFB70}
Date and TimeMicrosoft.DateAndTime{E2E7934B-DCE5-43C4-9576-7FE4F75E7480}
Default LocationMicrosoft.DefaultLocation (Windows 7 and later only){00C6D95F-329C-409a-81D7-C46C66EA7F33}
Default ProgramsMicrosoft.DefaultPrograms{17cd9488-1228-4b2f-88ce-4298e93e0966}
Desktop GadgetsMicrosoft.DesktopGadgets (Windows 7 and later only){37efd44d-ef8d-41b1-940d-96973a50e9e0}
Device ManagerMicrosoft.DeviceManager{74246bfc-4c96-11d0-abef-0020af6b0b7a}
Devices and PrintersMicrosoft.DevicesAndPrinters (Windows 7 and later only){A8A91A66-3A7D-4424-8D24-04E180695C7A}
DisplayMicrosoft.Display (Windows 7 and later only){C555438B-3C23-4769-A71F-B6D3D9B6053A}
Ease of Access CenterMicrosoft.EaseOfAccessCenter{D555645E-D4F8-4c29-A827-D93C859C4F2A}
Folder OptionsMicrosoft.FolderOptions{6DFD7C5C-2451-11d3-A299-00C04F8EF6AF}
FontsMicrosoft.Fonts{93412589-74D4-4E4E-AD0E-E0CB621440FD}
Game ControllersMicrosoft.GameControllers{259EF4B1-E6C9-4176-B574-481532C9BCE8}
Get ProgramsMicrosoft.GetPrograms{15eae92e-f17a-4431-9f28-805e482dafd4}
Getting StartedMicrosoft.GettingStarted (Windows 7 and later only){CB1B7F8C-C50A-4176-B604-9E24DEE8D4D1}
HomeGroupMicrosoft.HomeGroup (Windows 7 and later only){67CA7650-96E6-4FDD-BB43-A8E774F73A57}
Indexing OptionsMicrosoft.IndexingOptions{87D66A43-7B11-4A28-9811-C86EE395ACF7}
InfraredMicrosoft.Infrared (Windows 7 and later only){A0275511-0E86-4ECA-97C2-ECD8F1221D08}
Internet OptionsMicrosoft.InternetOptions{A3DD4F92-658A-410F-84FD-6FBBBEF2FFFE}
iSCSI InitiatorMicrosoft.iSCSIInitiator{A304259D-52B8-4526-8B1A-A1D6CECC8243}
KeyboardMicrosoft.Keyboard{725BE8F7-668E-4C7B-8F90-46BDB0936430}
Location and Other SensorsMicrosoft.LocationAndOtherSensors (Windows 7 and later only){E9950154-C418-419e-A90A-20C5287AE24B}
MouseMicrosoft.Mouse{6C8EEC18-8D75-41B2-A177-8831D59D2D50}
Network and Sharing CenterMicrosoft.NetworkAndSharingCenter{8E908FC9-BECC-40f6-915B-F4CA0E70D03D}
Notification Area IconsMicrosoft.NotificationAreaIcons (Windows 7 and later only){05d7b0f4-2121-4eff-bf6b-ed3f69b894d9}
Offline FilesMicrosoft.OfflineFiles{D24F75AA-4F2B-4D07-A3C4-469B3D9030C4}
Parental ControlsMicrosoft.ParentalControls{96AE8D84-A250-4520-95A5-A47A7E3C548B}
Pen and TouchMicrosoft.PenAndTouch (Windows 7 and later only){F82DF8F7-8B9F-442E-A48C-818EA735FF9B}
People Near MeMicrosoft.PeopleNearMe{5224F545-A443-4859-BA23-7B5A95BDC8EF}
Performance Information and ToolsMicrosoft.PerformanceInformationAndTools{78F3955E-3B90-4184-BD14-5397C15F1EFC}
PersonalizationMicrosoft.Personalization{ED834ED6-4B5A-4bfe-8F11-A626DCB6A921}
Phone and ModemMicrosoft.PhoneAndModem (Windows 7 and later only){40419485-C444-4567-851A-2DD7BFA1684D}
Power OptionsMicrosoft.PowerOptions{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}
Programs and FeaturesMicrosoft.ProgramsAndFeatures{7b81be6a-ce2b-4676-a29e-eb907a5126c5}
RecoveryMicrosoft.Recovery (Windows 7 and later only){9FE63AFD-59CF-4419-9775-ABCC3849F861}
Region and LanguageMicrosoft.RegionAndLanguage (Windows 7 and later only){62D8ED13-C9D0-4CE8-A914-47DD628FB1B0}
RemoteApp and Desktop ConnectionsMicrosoft.RemoteAppAndDesktopConnections (Windows 7 and later only){241D7C96-F8BF-4F85-B01F-E2B043341A4B}
Scanners and CamerasMicrosoft.ScannersAndCameras{00f2886f-cd64-4fc9-8ec5-30ef6cdbe8c3}
SoundMicrosoft.Sound (Windows 7 and later only){F2DDFC82-8F12-4CDD-B7DC-D4FE1425AA4D}
Speech RecognitionMicrosoft.SpeechRecognition (Windows 7 and later only){58E3C745-D971-4081-9034-86E34B30836A}
Sync CenterMicrosoft.SyncCenter{9C73F5E5-7AE7-4E32-A8E8-8D23B85255BF}
SystemMicrosoft.System{BB06C0E4-D293-4f75-8A90-CB05B6477EEE}
Tablet PC SettingsMicrosoft.TabletPCSettings{80F3F1D5-FECA-45F3-BC32-752C152E456E}
Taskbar and Start MenuMicrosoft.TaskbarAndStartMenu{0DF44EAA-FF21-4412-828E-260A8728E7F1}
Text to SpeechMicrosoft.TextToSpeech{D17D1D6D-CC3F-4815-8FE3-607E7D5D10B3}
TroubleshootingMicrosoft.Troubleshooting (Windows 7 and later only){C58C4893-3BE0-4B45-ABB5-A63E4B8C8651}
User AccountsMicrosoft.UserAccounts{60632754-c523-4b62-b45c-4172da012619}
Windows Anytime UpgradeMicrosoft.WindowsAnytimeUpgrade{BE122A0E-4503-11DA-8BDE-F66BAD1E3F3A}
Windows CardSpaceMicrosoft.CardSpace{78CB147A-98EA-4AA6-B0DF-C8681F69341C}
Windows DefenderMicrosoft.WindowsDefender{D8559EB9-20C0-410E-BEDA-7ED416AECC2A}
Windows FirewallMicrosoft.WindowsFirewall{4026492F-2F69-46B8-B9BF-5654FC07E423}
Windows Mobility CenterMicrosoft.MobilityCenter{5ea4f148-308c-46d7-98a9-49041b1dd468}
Windows SideShowMicrosoft.WindowsSideShow{E95A4861-D57A-4be1-AD0F-35267E261739}
Windows UpdateMicrosoft.WindowsUpdate{36eef7db-88ad-4e81-ad49-0e313f0c35f8}
Microsof のドキュメント( 英文 )


posted by at 01:11 | Comment(0) | 職人的 Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2010年07月23日


hh.exe で chm を html 化してテキストとして情報を検索する

chm 自体に検索機能はありますが、正規表現等を使った複雑なことはできませんし、
検索結果を他のアプリケーションに引き渡すというような事はできないので、hh.exe
を使って、テキストに変換してからいろいろツールやプログラムを適用します。

hh.exe は、windows ディレクトリにあると思いますが、使用方法は 

hh.exe -decompile folder chm

と SDK で説明されています。但しこれは不十分で、chm はパスが指定できないよう
なので、カレントに置いて実行する必要があるようです。folder は存在しなくても
いいですが、きちんとパスを指定できます。

通常、実行後 HTML が大量に作成されます。ある手順を行えば再び chm を作成でき
ますが、SDK をダウンロードしてインストールする必要がある上に結構面倒な作業
なので、ここでは説明しません。


html は、JGREP 等のツールで内容を検索すればいいと思います。

Jgrep2

※ Microsoft HTML Help Downloads では、Download Htmlhelp.exe が本体です。
※ Download Htmlhelpj.exe はドキュメント(chm) のみです。

関連する記事

PHPマニュアルのリコンパイル


posted by at 08:45 | Comment(0) | 職人的 Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します