2014年10月10日


「送る」に入れる簡易ダンプ

インストール

ダウンロードした、sendto_dump.zip を解凍して、install_sendto_dump.wsf をエクスプローラからダブルクリックしてインストールして下さい







Q		終了します。
space	次ページを表示します。
ret		次の行を表示します。
リンク先の 35 という数字はコマンドプロンプトに一度に表示する行数です( 変更可能ですが、再インストールすると元へ戻るので注意して下さい ) ショートカットを直接実行すると、以下のようなダイアログが出ます ▼ readme.txt
インストール先は、Program Files フォルダがあるドライブに
laylaClass というフォルダを作成して、その中に sendto_dump
というフォルダを作成してインストールします。中には、以下の
二つの実行用スクリプトがコピーされます。

dump.vbs
dump_c.vbs

アンインストールは、sendto_dump フォルダごと全て削除して、
エクスプローラのアドレスに sendto と入力して SendoTo  フォ
ルダに移動し、『簡易ダンプ』という名前のショートカットを
削除すると元に戻ります。

laylaClass というフォルダも必要なければ削除して下さい


簡易ダンプ ショートカットのプロパティの『リンク先』の中の
最後の数字は、コマンドプロンプトで一度に表示する行数です。
posted by at 20:12 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2014年09月28日


現在TTCの分割は、UniteTTC / => 旧タイトル : BREAKTTC.EXE をダウンロードして .TTC を .TTF に分解する自動スクリプト

現在使えるのは、UniteTTC です
UniteTTC は、ごく普通に TTC を分割してくれます。実際に動作確認済みです。

▼ 以下 Readme より
コマンドラインから、以下のようにして下さい。

UniteTTC From.TTC

なお、TTC化されたTTFフォントは、元のファイル名が不明なため、TTCフォントの拡張子以外の部分に連番001、002、003、……を付加し、拡張子をTTFに変えたものが使われます。上記の例ですと、From001.TTF、From002.TTF、From003.TTF……という名前で出力されます。適当な名前にリネームしてお使い下さい。
BREAKTTC.EXE は今でもダウンロード可能です エクセルソフトでも、http://www.xlsoft.com/jp/products/indigorose/autoplay_readme_02.html でダウンロードリンクを用意していますが、よく解らない海外サイトへ移動します。しかし、Internet Archive で、http://www.xlsoft.com/jp/products/indigorose/autoplay_readme_02.html を検索すると、古い日時でダウンロード可能なページがあります。あるいは、http://www.xlsoft.com/jp/products/indigorose/files/ttsdk.zip を同じくアーカイブから検索しても同じものがダウンロードできました。 ▼ 以下、古い情報--------------------------------------------------------------------- 手作業で行う方法は以前以下に書いたのですが、とても処理が限定的なので その為だけに時間を使うのももったい無いので、スクリプトを作成しました msgothic.ttc を分解し、3種類の ttf を作成して利用する方法 BREAKTTC.EXE は、昔 Microsoft で配布されていたプログラムらしいのですが、 現在はエクセルソフトさんからダウンロードできます。エクセルソフトさんは、 PrimoPDF でお世話になっていますし、このリンクも長い間有効なので自動ダウン ロードさせてもらっています。仮に、エクセルソフトさんのほうで配布されなく なった場合、代替えとして UniteTTC というソフトが同様の機能を持つ事を 確認しています。 ( そちらで結合もできますし、フォントの作者さんなので間違い無いと思います ) ※ UniteTTC の場合は、元のファイルがある場所に分解してしまうのが少しやっかいです
<JOB>
<COMMENT>
************************************************************
■ BREAKTTC.EXE をダウンロードして .TTC を TTF に分解する

■ 著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。
************************************************************
</COMMENT>

<COMMENT>
************************************************************
 外部スクリプト定義
************************************************************
</COMMENT>
<SCRIPT
	language="VBScript"
	src="http://homepage2.nifty.com/lightbox/laylaClass.vbs">
</SCRIPT>

<SCRIPT language=VBScript>
' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
Call laylaFunctionTarget( "http://homepage2.nifty.com/lightbox/" )
Call laylaLoadFunction( "baseFunction.vbs" )
Call laylaLoadFunction( "toolFunction.vbs" )


' ***********************************************************
' 対象
' ***********************************************************
strTarget = "ttsdk.zip"
strTTCTarget = "MSGOTHIC.TTC"


' ***********************************************************
' Cscript.exe の実行
' ***********************************************************
Crun2 80

if not OkCancel( "BREAKTTC.EXE をダウンロードして .TTC を TTF に分解する処理を実行してもよろしいですか?" ) then
	Wscript.Quit
end if

' ***********************************************************
' ダウンロードする URL
' ***********************************************************
strDownloadPlace = "http://www.xlsoft.com/jp/products/indigorose/files/" & strTarget
ret = HTTPDownload( strDownloadPlace, TempDir & "\" & strTarget )
if not ret then
	Wscript.Echo ErrorMessage
	Wscript.Quit
end if

Wscript.Echo strDownloadPlace & " をダウンロードしました"

' ***********************************************************
' 解凍ソフトのダウンロード
' ***********************************************************
strDownloadPlace = "http://homepage2.nifty.com/lightbox/Lhasa.exe"
ret = HTTPDownload( strDownloadPlace, TempDir & "\Lhasa.exe" )
if not ret then
	Wscript.Echo ErrorMessage
	Wscript.Quit
end if

Wscript.Echo strDownloadPlace & " をダウンロードしました"

' ***********************************************************
' 解凍
' ***********************************************************
strCommand = Dd( TempDir & "\Lhasa.exe" ) & " -d- -a -q -f -e- " & Dd(TempDir & "\" & strTarget )
RunSync(strCommand)

' ***********************************************************
' フォント分解
' ***********************************************************
strFontsDir = GetSpecialFolder("Fonts")
strExe = Dd(TempDir & "\ttsdk\TTC\BREAKTTC.EXE")
strFont = Dd(strFontsDir & "\" & strTTCTarget)
strCommand = strExe & " " & strFont
Wscript.Echo "フォント分解を開始します"
RunSync2(strCommand)
Wscript.Echo "フォント分解を終了しました"

' ***********************************************************
' 処理終了
' ***********************************************************
MsgOk( "処理が終了しました   " )

</SCRIPT>

</JOB>

zip の解凍は、Lhasa.exe を SQLの窓の関連サイトでホスティングして
ダウンロードして使っています。

スクリプトで使用している関数は、SQLの窓の関連サイトでホスティングしています



タグ:VBScript
posted by at 11:24 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2013年12月07日


WMI Query : 対象キーワードの一覧より、情報を確認する為の HTA ツール



相当前に作成したソフトを少し手を入れて簡単な整備をしました。誰でも簡単にコンピュータの情報を取得する事ができます。

Query には、一般的な SQL が使えますが、正式なドキュメントは以下にあります。

Querying with WQL
WQL (SQL for WMI)

▼ Query 実行


▼ 一覧表示


▼ Excel に貼り付けて幅を自動整列させたものです




posted by at 22:45 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します