2009年06月25日


Oracle : スキーマエクスポート( expdp.hta ) : コマンドライン入力支援


ブラウザでダウンロード
業務シチュエーションとしては、スキーマ単位のバックアップです。
定期的にこのデータを作成する事によって、サーバ自体の損傷時も
復旧が可能ですし、オブジェクトの情報は全て取り出す事ができます
↓実行時画面イメージ
ユーザ
パスワード
サーバー
ディリクトリオブジェクト
ダンプファイル
スキーマ

Expdp
<SCRIPT language="VBScript">

Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )

Function expdp()

	str = "expdp "
	str = str & document.getElementById("p01").value & "/"
	str = str & document.getElementById("p02").value
	str = str & "@//" & document.getElementById("p03").value
	str = str & " DIRECTORY=" & document.getElementById("p04").value
	str = str & " DUMPFILE=" & document.getElementById("p05").value
	str = str & " SCHEMAS=" & document.getElementById("p06").value

	if vbCancel = MsgBox(str, vbOkCancel or vbDefaultButton2, "expdp") then
		Exit Function
	end if

	Call WshShell.Run( "cmd.exe /c "&str& " & pause" , , True )

End Function

</SCRIPT>

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis" />
<STYLE>
 * {
	font-size:14px;
}
</STYLE>
</head>
<body>

<table>
<tr>
	<td>ユーザ</td>
	<td><INPUT type="text" id="p01" value="lightbox"></td>
</tr>
<tr>
	<td>パスワード</td>
	<td><INPUT type="text" id="p02" value="lightbox"></td>
</tr>
<tr>
	<td>サーバー</td>
	<td><INPUT type="text" id="p03" value="pcname/orcl"></td>
</tr>
<tr>
	<td>ディリクトリオブジェクト</td>
	<td><INPUT type="text" id="p04" value="lightbox"></td>
</tr>
<tr>
	<td>ダンプファイル</td>
	<td><INPUT type="text" id="p05" value="lightbox.dmp"></td>
</tr>
<tr>
	<td>スキーマ</td>
	<td><INPUT type="text" id="p06" value="lightbox"></td>
</tr>
</table>

<INPUT type="button" value="実行" onClick='Call expdp()'>

</body>
</html>

■ 関連する記事
Oracle : 同一スキーマテーブルインポート : コマンドライン入力支援
Oracle : 別スキーマテーブルデータインポート : コマンドライン入力支援
Oracle : 別スキーマテーブル置き換えインポート : コマンドライン入力支援


タグ:expdp Oracle HTA
posted by at 00:55 | 古い記事(保存用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする