2013年04月30日


「操作をプロジェクタで見せたい」場合の梨ズーム

※ 残念ながら、Windows8 では動作しませんでした。
StretchBlt を使用しなければ、多少のもたつきを感じはしますが、十分使えます。
( Windows7 では、StretchBlt を使用する必要があります )




ルーペでは無く、デスクトップ全体が拡大状態へと、アニメーションで近寄ったり引いたりするタイプの拡大ツールで、同様の機能に QZoom というフリーソフトがあったのですが、Windows7 で動かなかったので探しました。

但し、Windows7 で利用する場合は、「詳細設定タブ」で「StretchBlt を使用する」というチェックボックスにチェックして下さい。これは、WindowsXP では使用できませんが、Windows7 では必須です。



以下はてっとり早く使う為に、テンキーの数字の 1、2、3、4 に CTRL+ で倍率を設定しています



終了



関連する記事

Windows7 では「StretchBltを使用する」にすれば軽快に使える、プレゼンテーション用のズームソフト「梨ズーム」


更新履歴
2013-02-26 : 記事作成
2013-04-30 : Windows8 での動作確認方法




posted by at 08:42 | Comment(0) | 運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2013年04月07日


コンピュータアイコンに設定するメニュー ( Windows8 デスクトップでも可 )

個人設定のデスクトップアイコンの設定で、『コンピュータ』を表示して下さい。







1) mmc.exe "%SystemRoot%\system32\services.msc" /s


2) "%ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\MSInfo\msinfo32.exe"


3) RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL appwiz.cpl


4) RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL odbccp32.cpl


5) regedit.exe


6) %SystemRoot%\system32\cmd.exe


7) UserAccountControlSettings.exe


8) mmc.exe "%windir%\system32\eventvwr.msc" /s


9) rundll32.exe netplwiz.dll,UsersRunDll


10) rundll32.exe sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables


11) notepad.exe "%SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts"


************************************************************
コンピュータアイコンメニュー設定レジストリデータ

■ インストール

	computer_menu をエクスプローラからタブルクリック
	してインポートして下さい

■ アンインストール

	uninstall_computer_menu をエクスプローラからタブル
	クリックして下さい


■ 登録された場所でレジストリエディタを開く
	インストール場所を開く.bat をエクスプローラからタブ
	ルクリックして下さい

■著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。
************************************************************
posted by at 20:48 | Comment(0) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します