2010年08月18日


RegDiff をダウンロードしてアプリケーションのインストール前後のレジストリの差分をチェックするスクリプト

RegDiff というソフトは、レジストリのエクスポートファイルから差分を出力します。目的としては、アプリケーションのインストール前後によってレジストリがどう変わるかをチェックしたり、Windows の設定前後のレジストリの変化をチェックして、該当するエントリを探したりするのに使います。

ただ、ふつうに使うと結構面倒ですし、作業自体がたまにしか行わないので準備するのも少し面倒です。そこで、必要な時にスクリプトを実行するだけで、RegDiff そのものをダウンロードして一連の制御も同時に行います。


ブラウザでダウンロード


何かインストール(または設定)する前にこのスクリプトを起動しておきます。

Regdiff1


途中で実行が止まりますので、目的のインストール(設定)等を行います。
( 以下のメッセージボックスです )

Regdiff2


インストール(設定)が終了したら、OK をクリックして残りの作業を継続すると、その時点でのレジストリ情報をエクスポートした後に以下のダイアログが表示されます

Regdiff3


確認すると、RegDiff による比較が実行されます

Regdiff4


比較が終了すると、レジストリデータを削除するかどうかの確認です
( キャンセルで残す事もできます )

Regdiff5

最後に差分データをメモ帳で開きます
( スクリプトと同じディレクトリに作成されます )

Regdiff6




↓単独で使用した場合の実行


本来のダウンロードサイト



posted by at 12:50 | 開発用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2010年08月04日


IE8(IE9)用アドオン : SnapCrabでスクロールが必要なWEBページと一般のウインドウのキャプチャと色コードをクリップボードにを転送

右から5つは一般ウインドウで利用できます。決定は CTRL キーです。左の3つはブラウザ内で。ブラウザ内は範囲指定が可能です。※ WEB 検索は私は必要無いのですが。消すことはできませんでした。

Snapcrab

普通のダウンロードルートは、メニューから「IE8 の新機能」でページ移動できるのですが、何故か 2010/08/04 現在、最新版は フェンリル | フリーソフト | 簡単にスクリーンショットが作成できるキャプチャソフト SnapCrab for IE からダウンロードできます。

違いは全く解らなかったのですが、今後の事も考えて上記リンクからのほうがいいでしょう。

インストール後、最初どこにインストールされたか解らないのですが、

Snapcrab2

となっている事を確認した上で、ツールバーを固定しないようにする事によって、全ての機能ボタンを表示させて好きな場所に移動しておくといいと思います。普段は必要無いですから、一番左の x ボタンをクリックして非表示にできます。表示させる場合は再びチェックします。

設定は、以下の画像を見るとだいたい想像できると思いますが、デフォルトではデスクトップに保存するようになっていますので注意して下さい。必要に応じて既定のフォルダに変更した上で、規定のフォルダの場所を変更しておきます。また、「規定のエディタでファイルを開く」にチェックしておくと、保存後に起動されます。( たぶん拡張子に対応する編集アプリだと思います )

Snapcrab3

ファイルの保存名はけっこう凝っていて、Readme.txt には詳しく編集文字列について書かれています。

以下ではカラーピッカーがクリップボードへコピーする編集形式を定義します。

Snapcrab4

Snapcrab5

{hex} だけにすると色コードのみが小文字でコピーされ、{HEX} にすると、大文字になり
ます。

License.rtf にはライセンスについて書かれていますが、再配布は自由です。

3.再配布権

(1) 本ソフトウェアをメディア又はウェブページに配布する場合、1次
  配布サイト(http://www.fenrir.co.jp)から入手されたアーカイブを
  改変せずに、そのまま配布してください。また、配布の際には必ず
  1次配布サイトを明記してください。

(2) 正式版以外のバージョンを配布することは認めません。
関連する記事(同様のFirefox機能) Firefox 拡張の Screengrab は、Firefox 拡張の Firebug で最高の効果
posted by at 21:57 | Comment(0) | 古い記事(保存用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します